FC2ブログ

札幌圏スロヴァキア国立オペラ

札幌圏スロヴァキアオペラ実行委員会(SAS)のブログです。スロヴァキア国立歌劇場の札幌公演や関連の情報などを掲載しています。

エディタ・グルベローヴァのこと

Posted by saslovakiaopera on   0 comments   0 trackback

私たちがスロヴァキア国立歌劇場と呼んでいる名前は通称で、
正式にはバンスカー・ビストゥリツァスロヴァキア国立歌劇場です。

1959年に設立された同劇場は、世界のオペラ界の大スターを何人も排出しています。
さて、そのオペラ界の大スターとは……

劇場が発行している紹介文にはこう書かれています。

〝当劇場は、何人もの世界オペラ界の大スターがソリストとしての道を歩み始めた出発点である。その代表は、1970年にウィーン国立歌劇場のソリストとなり、以来その才能で世界最高の歌劇場の舞台を飾ったエディタ・グルーべロヴァー(日本では「グルベローヴァ」とも)や名高いニューヨーク・メトロポリタン歌劇場の常任ソリスト、セルゲイ・コプチャーク、目下世界のオペラ界でたいへんな人気を誇っているリュビツァ・オルゴナーショヴァーなのである。またパヴァロッティ・コンテスト(Luciano pavarotti International Voice Competition)の優勝者のマルティン・パブヤックも同様である。〟



歌劇場説明文


コロラトゥーラソプラノの女王と呼ばれるエディタ・グルベローヴァがこの歌劇場でデビューしていたなんて、とても驚きです。

そのグルベローヴァが10〜11月にかけて来日します。
全国6カ所で公演があるようで、札幌のkitaraでも11月2日に彼女の歌声を聴くことができます。
S席15,000円、A席12,000円、B席9,000円。C席6,000円は売り切れ。

私たち実行委員会のメンバーも、めったにない貴重な機会ですので、コンサートに行くことにしました! 
奇跡の歌声に酔いしれてきます。

この情報を知ってからこんなことが起こりました。
グルベローヴァ、グルベローヴァという名前が頭の中でリフレインしていたある日。
用事を終え、コインパーキングから車を出そうと、出口で料金を払っていると、FMラジオからグルベローヴァの名前が……そして、『魔笛』の『夜の女王のアリア』が聴こえてきたのです! なんと、ジャストなタイミングでしょう! 
そして、すばらしい歌声!!

皆さんも、エディタ・グルベローヴァの歌声を聴きにいってみてはいかがでしょう。
ああ、とても楽しみです。

スポンサーサイト

スロヴァキア国立オペラ2017冬公演で新しい魅力発見!

Posted by saslovakiaopera on   0 comments   0 trackback

スロヴァキア国立オペラ2017冬公演が終了いたしました。
今年は大阪と横浜の2公演。

初めての開催地、大阪には私たち実行委員も駆けつけ、「セヴィリアの理髪師」初演を鑑賞いたしました。

「セヴィリアの理髪師」はオペレッタのような雰囲気もあり、これまでの公演とは一味違う、新たな魅力を感じました。

メンバーの一人、高橋明子氏のブログに大阪訪問顛末記として楽しい記事が掲載されています。
今回は、こちらをぜひお読みくださいませ。
舞台裏のあれこれも紹介されていますよ。

こちらのリンクからどうぞ↓

<あとりゑ・クレールの窓から 大阪顛末記>


大阪公会堂ホールDSCN8739
写真のウィーンのオペラハウスのような会場は、大阪市中央公会堂です。雰囲気ありますね。

ソリストの歌声の波に身をまかせ、酔いしれた 江別公演♪

Posted by saslovakiaopera on   0 comments   0 trackback

6月22日の江別公演が終了いたしました!
多くの方々にご来場いただき、まことにありがとうございます。

リゴレット


ソリストたちの歌声の波が海のように押し寄せ、
それに身をまかせて波とたわむれる……。
気持ちのよ〜い公演でした ^ ^

アンコールには江別の歌「風は緑」が歌われると
長い長い拍手が起こりました。
会場にいらっしゃった江別市民の皆様は
とても感動していらっしゃるようでした。

次は6月24日(金)札幌公演です。
一緒に歌に酔いしれてみませんか?


和食好き♪

Posted by saslovakiaopera on   2 comments   0 trackback

日本公演にやってくる皆さんは、大の日本好き、和食好きです。
札幌公演の翌日、札幌エルプラザの地下にある山わさびさんで夕食を食べました。

枝豆は、つかみ取りした生の豆を茹でて出してくれる方式なんですね。
一番手の大きい(?)パパゲーノ役を演じたシモンさんが代表でつかみ取りに挑戦。

edamame01

edamame02

edamame03

edamame04

あわやつかみ取り用の豆がなくなるくらい、ひとつかみの量が多かったです!! たくさんつかんでご満悦のシモンさんでした。

初来日のパミーナ役のミヒャエラさんと夜の女王役のマリアナさんも、箸使いがお上手。
皆さんには、お寿司と焼き鳥、サラダが好評でした。あ、もちろん枝豆も♪


スロヴァキア国立オペラ2015 夏季ツアーはまだまだ続きます。
7月7日は福井、次は7月11日(土)福岡県久留米市です。

横浜公演は大盛況でした!

Posted by saslovakiaopera on   0 comments   0 trackback

1月17日に行われた「横浜スロヴァキア国立オペラ2015」。
多くのお客様が会場に駆けつけてくださり、大盛況でした。

前回ご紹介した初来日の二人の女性ソリストも素晴らしい歌声で……♡
横浜に来られなかった方は、横浜公演の写真をご覧になり、
あれこれ想像して、夏までお待ちになってくださいね。


<横浜スロヴァキア国立オペラ2015公演より>

IMG_3427.jpg
<アリアを歌う夜の女王:マリアナ・ホヘロヴァーさん>

IMG_3429.jpg
<パパゲーナとパパゲーノ:
オリュガ・フロマドヴァーさん、シモン・スヴィトックさん>

IMG_3433.jpg
IMG_3493.jpg
<カーテンコールの様子>

<写真提供: 大牟田オペラの会 堤様>